日テレNEWS
国際
2014年8月26日 7:56

「イスラム国」は民族浄化~国連高官

 中東のイラクとシリアで勢力を拡大しているイスラム過激派組織「イスラム国」について、国連人権高等弁務官は25日、異なる宗教の信者らを弾圧しているとして「民族浄化を行っている」と非難した。

 「イスラム国」は、イラクとシリアにまたがる地域に国家の樹立を一方的に宣言し、イラク北部では少数派の住民らを迫害するなど、異なる宗教や宗派の人々を殺害している。こうした事態を受け、ピレイ国連人権高等弁務官は25日、「『イスラム国』は、市民を民族、宗教などによって機械的に選別している」として、「広範囲で『民族浄化』を行っている」と非難した。

 「イスラム国」をめぐっては、シリアで湯川遥菜さんを拘束しているとみられる他、アメリカ人ジャーナリストの殺害も行うなど、国際社会の批判を集めている。