日テレNEWS
国際
2014年8月26日 17:00

韓国南部も記録的豪雨 5人死亡、8人不明

 北陸地方に接近している低気圧は、韓国の南部にも記録的な豪雨をもたらし、これまでに5人が死亡、8人が行方不明となっている。

 韓国南部の昌原市では25日午後、川の水が道路にあふれ、バスが流された。バスはその後、橋げたにひっかかるようにして止まった。消防が捜索を行い、車内から乗客の19歳の女性が遺体で見つかった。バスの運転手やほかの乗客が川に流されたという情報もあり、警察と消防が捜索を続けている。韓国南部では計5人が死亡し、8人が行方不明となっている。

 釜山では、多いところで1時間の降水量が130ミリを記録した。釜山・古里原発では冷却用の海水をくみ上げる施設に大量の雨水が入り込み、25日から運転を停止している。