日テレNEWS
国際
2014年9月2日 14:21

北側の拉致調査“かなり進んでいる”猪木氏

北側の拉致調査“かなり進んでいる”猪木氏
(c)NNN

 北朝鮮でプロレスのイベントを行ったアントニオ猪木参議院議員が2日、帰国の途に就き、北朝鮮側の拉致被害者らの調査について「かなり進んでいるようだ」との認識を示した。

 2日昼前、経由地の中国・北京に到着した猪木議員は、拉致問題などをめぐり、今月にも出されるとみられている北朝鮮の特別調査委員会の報告について、次のように話した。

 猪木議員「(Q.次の日朝協議を控えているが、それについて言及は)名簿はかなり進んでいるようです。その先のことは知りません」

 北朝鮮を訪問中、猪木議員は金永南最高人民会議常任委員長と、日朝交渉にも関わってきた朝鮮労働党・姜錫柱書記と、それぞれ会談しているが、具体的な内容については明らかにしなかった。

 猪木議員は、スポーツを通じた交流のため、来年以降も北朝鮮でイベントを継続していく考え。