日テレNEWS
国際
2014年9月12日 11:01

シリアへの空爆拡大めぐり米露が応酬

 アメリカのオバマ大統領が、イスラム過激派組織「イスラム国」の壊滅に向け、シリアにも空爆を拡大する方針を示したことについて、ロシア外務省が「侵略行為にあたる」と批判。これに対し、アメリカのケリー国務長官は反論している。

 ロシア外務省は11日、アメリカが国連安全保障理事会の決議がないまま、シリア国内の「イスラム国」に対し、空爆を行えば、「侵略行為にあたる」と批判した。その上で、「テロ組織に対するいかなる攻撃も国際法を守るべきだ」と述べ、アメリカの動きをけん制した。

 これに対し、アメリカのケリー国務長官は、ロシアがウクライナ東部に軍事介入したことを引き合いに出し、反論した。

 「ウクライナで起きたことを考えれば、ロシアが国際法や国連について語るなんて笑ってしまう」-ケリー長官はこのように述べて、シリアでの軍事行動には国連安保理の決議が必要だというロシアの主張を一蹴した。

 アメリカ政府は、「シリアに空爆する場合は、自衛権に基づいて行う」として、正当性を強調している。