日テレNEWS
国際
2014年9月23日 12:38

ホワイトハウス侵入男、大量の銃弾など所持

 先週末、アメリカ・ホワイトハウスに不審者が侵入しようとする事件が相次いだが、そのうちの1人が、車に大量の銃弾を所持していたことが明らかになった。

 この事件は19日夜、42歳の男がホワイトハウスの柵を乗り越えて正面玄関に入ろうとし、逮捕されたもの。その後の捜査で、この男が近くに止めていた車から、800発以上の銃弾や斧(おの)、ナタなどが見つかっていたことが明らかになった。男はイラクに派遣されたことのある元兵士で、先月25日には斧を持ってホワイトハウスの近くを歩いていたことも分かっている。

 今回、不法侵入した際に所持していたのは折りたたみナイフだけだったが、オバマ大統領一家はこの数分前に別荘へ出発したばかりだったことから、連邦検事は「大統領にとって危険な状態だった」と話している。