日テレNEWS
国際
2014年9月30日 6:33

アフガン新大統領、国際派のガニ氏が就任

 アフガニスタンの新しい大統領に29日、アシュラフ・ガニ元財務相が就任した。任期は5年。

 ロイター通信によると、就任演説でガニ新大統領は「我々は戦いに疲れ果てている」とした上で、反政府勢力「タリバン」などに対し、和平協議に応じるよう呼びかけた。ガニ氏は世界銀行での勤務経験もある国際派として知られ、2002年から2年間、財務相を務めたこともある。

 一方、大統領選の決選投票をめぐり不正を訴えていた対立候補のアブドラ元外相は、首相格である行政長官に就任、今後再び対立する危うさを残しながらもまずは「挙国一致政府」を発足させた。

 こうした中、首都カブールの国際空港近くでは自爆テロとみられる爆発があり、7人が死亡した。ロイター通信によると、「タリバン」が犯行声明を出したという。新政権にとっては治安をどう回復するかが最優先課題となる。