日テレNEWS
国際
2015年3月22日 19:47

容疑者の父、事件当日の様子語る 襲撃事件

 チュニジアの博物館で起きた襲撃事件で、射殺された容疑者の父親がNNNの取材に応じ、容疑者の事件当日の様子などを語った。

 インタビューに応じたのは、博物館襲撃事件で治安部隊に射殺された容疑者の一人、ヤシン・ラビディ容疑者の父親。父親によると、事件当日もラビディ容疑者の様子に特に変化はなかったという。

 ラビディ容疑者の父親「事件当日の朝、普通に起きて礼拝に行き、家で母親にコーヒーを入れてもらって、また仕事に行ったんです」「去年12月4日か5日から月末まで家に帰ってこなかった。スファックス(チュニジアの都市)にいると。彼はリビアには行っていない」

 チュニジア政府は射殺された容疑者2人について、「リビアで過激派組織の軍事訓練を受けていた」との見方を示していた。