日テレNEWS
国際
2015年7月14日 6:17

「裏切られた…」支援再開条件に批判の声も

「裏切られた…」支援再開条件に批判の声も
(c)NNN

 財政危機に陥ったギリシャをめぐり、ユーロ圏の首脳は13日、金融支援の再開について条件付きで合意した。ギリシャの首都アテネでは金融支援の再開を歓迎する一方、年金の見直しや増税が条件となったことに批判の声も上がっている。

 「裏切られた。気分が悪い。緊縮財政なんてやめるべきだ」「これから大変だろうね。合意内容は手ごわいものだったし」-市民からはユーロ圏への残留を歓迎しつつも、先行きに不安を訴える声が聞かれた。

 一方、チプラス首相は、支援再開の条件とされる関連法制定に向け、与党の幹部や閣僚らと話し合いを行った。しかし、支援の条件がギリシャに厳しいものとなったことに連立与党「独立ギリシャ人」が激しく反発、連立からの離脱を示唆した。その場合は与党が議会で過半数を割ることになり、今後の政治が混乱する恐れが出ている。

 ギリシャでは、銀行の一時休業が15日まで延長することが決まった。国民生活への影響が続く中、チプラス政権が15日までに年金見直しなどの法整備を行えるかは不透明な情勢。