日テレNEWS
国際
2015年8月8日 16:21

アフガンでテロが相次ぐ 300人以上死傷

アフガンでテロが相次ぐ 300人以上死傷
(c)NNN

 アフガニスタンで7日、爆弾テロが相次ぎ、合わせて300人以上が死傷した。

 ロイター通信によると、アフガニスタンの首都・カブールで7日、爆弾を積んだトラックが爆発し、周辺に住む市民ら少なくとも15人が死亡、248人がケガをした。この爆発について、これまでのところ犯行声明は出ていない。

 また、カブールの警察学校で7日夜、警察官の制服を着た男が生徒たちに近づき、身につけていた爆弾を爆発させる事件が発生し、50人以上が死傷した。爆発のあと、反政府勢力のタリバンが犯行声明を出した。

 タリバンでは、最高指導者のオマル師が死亡したことを受け、先月末、新たな最高指導者に穏健派とされているマンスール師が選ばれた。しかし、強硬派が反発するなど内部対立が強まっており、今後、組織の結束を固めるため、テロなどをさらに活発化させる可能性もある。