日テレNEWS
国際
2015年8月20日 1:57

中国 日中戦争中の地下道跡地を公開

中国 日中戦争中の地下道跡地を公開
(c)NNN

 中国で来月3日、抗日戦争勝利70周年を迎えるのを前に、日中戦争中、北京郊外に作られた地下道の跡地が、海外メディアに公開された。

 19日に行われたツアーには、海外メディアのほか、海外の外交官らも参加した。公開されたのは、日中戦争中に日本軍の攻撃に備え、隠れながら戦うため、地域の住民らが作り、一部が保存されている地下道。当時、地下道は全長11キロにも及び、網の目のように張り巡らされていたということで、現在は800メートルほどが一般公開されている。こうしたツアーを通して中国側は、抗日戦争で勝利した歴史をアピールしている。

 また中国政府は、来月3日の抗日戦争勝利70周年にあわせて発行する記念硬貨や記念切手を発表した。切手には、全国の代表的な抗日戦争に関わる記念館が描かれていて、記念日を機に国威発揚をはかる狙いもあるという。