日テレNEWS
国際
2015年9月12日 3:33

米「イラン核合意」実行へ

 イランが核開発を大幅に制限するかわりに欧米が制裁を一部解除する合意について、審査を続けていたアメリカ議会下院は11日、合意を承認しないとする決議を可決した。しかし上院では決議案の採決に至らない見通しで、アメリカ政府は核合意を予定通り実行に移す運び。

 イランに強硬な姿勢をとり、議会で多数を握る野党・共和党がオバマ政権による核合意の実行を阻むには、上下両院で「合意を承認しない」という議決を行う必要がある。

 11日の下院本会議では核合意を承認しない決議が可決された。しかし上院では、決議案の採決に必要な賛成票が得られず、議会に与えられた審査期限の17日までに採決そのものが行われない見通しが高まっている。このため、イランの核開発を大幅に制限する見返りに欧米が制裁を解除していくとする合意は実行に移されることが確実になった。

 オバマ政権の外交的な成果にむけ、さらに前進することになる。