日テレNEWS
国際
2015年12月12日 11:55

COP21 今夜中の合意目指し最終調整

COP21 今夜中の合意目指し最終調整
(c)NNN

 フランスで行われている地球温暖化について話し合う国連の会議「COP21」は、会期を延長して交渉が続けられているが、日本時間12日夕方に新たな議長案を発表し、採択を目指すことになった。

 交渉で最大の争点となっているのは、途上国への資金支援の問題。日本の政府関係者によると、先進国は、支援金額が「1000億ドルを下限とする」と明記された点などについて、十分議論されていないと主張している。一方、途上国側は、一部の国が、資金を負担する側に回る可能性があることについて不満を表明しており、対立の溝は埋まっていない。

 修正を加えた議長案は日本時間12日午後5時に発表される予定。