日テレNEWS
国際
2016年3月22日 22:48

ベルギーで連続爆発テロ 30人以上死亡

ベルギーで連続爆発テロ 30人以上死亡
(c)NNN

 ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄の駅で22日朝、連続テロが発生し、合わせて30人以上が死亡、ケガ人も多数出ている。

 ベルギーの検察によると22日午前8時すぎ、ブリュッセル国際空港の出発ロビーで相次いで2回の爆発が起きた。イギリスのスカイニュースによると、爆発はアメリカン航空のカウンターの近くで起きたという。ロイター通信によると、この爆発で14人が死亡した。ケガ人も多数出ている。

 空港にいた人「爆発の衝撃を感じた。体中に響いた」「一発銃声が聞こえてアラビア語で話す男性が現れ『バーン』という爆発音が聞こえた」

 また、空港での爆発の約30分後には、日本大使館やEU(=ヨーロッパ連合)本部にも近い地下鉄駅でも爆発があり、20人が死亡した。日本大使館は日本人が巻き込まれていないか確認を急いでいる。

 ベルギーのミシェル首相は会見で、「空港と地下鉄でテロが起きた」として、連続テロだと断定した。検察は空港での爆発のうち1回は自爆テロだと断定し、逃亡中の容疑者がいないかなど捜査を進めている。

 また、フランスメディアはベルギー当局がテロの前日に犯行予告を受け取っていたと報じたが、日時や場所については示されていなかったとしている。

 ベルギー政府は空港や地下鉄を封鎖、警戒レベルを最高のレベル4に引き上げている。