日テレNEWS
国際
2016年4月16日 20:59

熊本地震 中国、ロシア、タイが哀悼の意

 地震を受け、各国から哀悼の意や支援表明の声が寄せられている。

 中国外務省は16日、報道官談話を発表し、犠牲者への哀悼の意を示すと共に、遺族やケガをした人々へのお見舞いの意を表した。日本側にも伝えたという。また、地震の災害状況に強い関心を持ち、今後も状況を注視している、としている。

 また、ロシアのプーチン大統領は16日、安倍首相に対し、「壊滅的な一連の地震の結果、多くの犠牲者が出たことに哀悼の意を表明する」とのメッセージを送った。「犠牲者の家族と親族に同情と支援の言葉を伝え、ケガをした人々の早い回復を願っている」と伝えている。

 タイのプラユット暫定首相も16日、安倍首相宛てに書簡を送り、「熊本で起きた地震に衝撃を受けている」として、哀悼の意を示した。また、「要請があれば、日本に対して支援を行う用意がある」と表明した。タイでは、観光などで日本を訪れる人も多く、今回の地震について、大きく報道されている。