日テレNEWS
国際
2016年5月19日 14:47

「ボコ・ハラム」誘拐少女を初めて救出

「ボコ・ハラム」誘拐少女を初めて救出
(c)NNN

 2014年、アフリカのナイジェリアで女子学生200人以上がイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に誘拐された事件で、被害者が初めて救出された。

 ナイジェリア軍は18日、ナイジェリア北東部の森林地帯で少女1人を救出したと発表し、写真を公開した。救出の詳しい状況は明らかにしていないが、少女は生後4か月の乳児のほか、少女の夫だと称する「ボコ・ハラム」のメンバーの男と一緒だったという。

 ロイター通信などによると、2014年、ナイジェリア北東部で女子学生219人が「ボコ・ハラム」に誘拐されて以降、被害者が救出されたのは初めて。

 救出された少女は、「ほかの少女らも同じ森林地帯にいる」と話していて、さらなる救出につながる可能性もある。