日テレNEWS
国際
2016年6月9日 4:05

ペルー大統領選 ケイコ氏、逆転困難か

 5日に行われたペルーの大統領選挙の決選投票は、フジモリ元大統領の娘・ケイコ氏が僅差で対立候補を追いかける展開が続いているが、開票率は残り0.5%を切っており、逆転が厳しい状況となっている。

 ペルーの選挙管理委員会によると、これまでに開票率は99.54%まで進んだ。ケイコ氏の得票率が49.88%、クチンスキ氏は50.12%。開票率が残り0.5%を切っても、ケイコ氏はクチンスキ氏を0.2ポイントあまり下回っている。

 地元メディアは、ペルー国外在住者の投票分のうち、ケイコ氏有利とされる国の開票はすでに終わっており、クチンスキ氏優位の状況は変わらないと伝えている。

 選挙管理委員会は、今週末までに全ての開票が終わるとしている。