日テレNEWS
国際
2016年7月4日 6:38

逃げ出した男性、“恐怖の瞬間”を語る

逃げ出した男性、“恐怖の瞬間”を語る
(c)NNN

 バングラデシュの首都・ダッカでレストランが武装集団に襲撃されたテロ事件で、レストランから逃げ出したアルゼンチン人の従業員がNNNのインタビューに応じ、当時の様子を語った。銃声を聞いた男性は、10人ほどと共に屋上に逃げたという。

 レストランから逃げたロッシーニさん「テロリストの1人が私を見て発砲した。運良く弾は外れ、隣の建物に飛び移って逃げた」「(実行犯の)1人は流ちょうな英語を話し、高学歴だと思った」「『神は偉大なり』と叫んでいたのが聞こえた」

 男性は、実行犯はバングラデシュの普通の若者に見えたと話している。