日テレNEWS
国際
2016年7月27日 16:27

入国審査で旅券に“落書き”され…中国抗議

入国審査で旅券に“落書き”され…中国抗議
(c)NNN

 先週、中国人女性がベトナムを訪れた際、入国審査で南シナ海の模様が入ったパスポートに落書きをされる事態が起きた。

 中国は2012年から、自らの権利が及ぶ範囲として南シナ海に独自に設定する境界線「九段線」をパスポートに模様として印刷している。

 南シナ海で領有権を争うベトナムでは、このパスポートに入国スタンプを押さないなどのトラブルが起きている。

 中国の新聞「新京報」によると、先週23日、中国人女性がホーチミンの空港で入国審査の際、パスポートの「九段線」の模様の上に英語で悪態をつく言葉が落書きされていたという。

 ホーチミンにある中国の総領事館はベトナム側に抗議し、落書きは「国と人格を汚す卑怯(ひきょう)な行為だ」と非難した。