日テレNEWS
国際
2016年9月6日 1:41

米露首脳会談 シリア問題など進展なし

米露首脳会談 シリア問題など進展なし
(c)NNN

 アメリカのオバマ大統領とロシアのプーチン大統領が会談し、シリアやウクライナの情勢などを話し合ったが、進展は得られなかった。

 会談はG20の合間に約1時間半にわたり行われた。シリア情勢をめぐっては2月の停戦合意が有名無実になっていることを受け、停戦を目指して話し合ったが、合意には至らなかった。

 またオバマ大統領はウクライナ問題について、紛争の解決を目指したミンスク合意をロシアが履行しない限り、ロシアへの制裁は解除されないと伝えたという。しかしプーチン大統領からは事態打開につながる発言は得られず、成果に乏しい会談となった。