日テレNEWS
国際
2016年12月6日 14:37

財閥トップを証人喚問 朴大統領の関与追及

財閥トップを証人喚問 朴大統領の関与追及
(c)NNN

 朴槿恵大統領の友人による国政介入疑惑をめぐり、韓国の国会は6日、財閥のトップらを証人として呼び、朴大統領の疑惑への関与などについて追及している。

 6日に召喚されたトップらの財閥は、朴大統領の友人、崔順実被告らが設立した財団に巨額の資金を拠出している。朴大統領から直接的な圧力を受けたかや、見返りを得ていたかについてどう証言するかが焦点。

 サムスングループが最も大きな額を拠出しているためサムスン電子の李在鎔副会長に質問が集中したが、副会長はこれを否定した。

 サムスン電子・李在鎔副会長「(Q大統領から資金拠出の要請があったか)『ぜひ支援して欲しい』と言われた。当時の私は何の話かわからなかった」

 朴大統領の関与を裏付ける証言が出た場合、9日に予定されている弾劾訴追案の採決にも影響を与えるとみられる。