日テレNEWS
国際
2017年1月10日 2:05

タイで豪雨による洪水 100万人超が被災

タイで豪雨による洪水 100万人超が被災
(c)NNN

 タイ南部では豪雨による洪水が起きていて、これまでに21人が死亡、100万人以上が被災した。日本人に人気のリゾートにも影響が出ている。

 タイ南部では年明けから1週間以上にわたって大雨が続き、広い範囲で洪水が起きている。タイ内務省によると9日までにおよそ33万世帯が浸水するなど、100万人以上が洪水の被害を受けていて、流されるなどして21人が死亡したという。

 タイ南部は例年、乾期にあたるこの時期は雨が少なく、ハイシーズンとして多くの外国人観光客が訪れるが、タイ観光協会によると、プーケットなどの日本人に人気のリゾートでも観光客が予約をキャンセルするなどの影響が出ているという。

 この雨は10日以降も降り続くと予測されていて、タイ当局はさらなる洪水のほか、地滑りなどにも警戒するよう呼びかけている。