日テレNEWS
国際
2017年2月18日 6:57

北朝鮮パスポート持つ男逮捕か 正男氏殺害

 北朝鮮の金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件で、複数の現地メディアは、警察が北朝鮮のパスポートを持った男を新たに逮捕したと伝えた。

 複数の現地メディアによると、17日、警察は金正男氏の殺害に関わった疑いで男1人を新たに逮捕した。この事件でマレーシア警察は実行犯とみられる女2人を逮捕し、事件に関わった疑いのある4人の男の行方を追っていたが、今回、逮捕したのはこのうちのひとりだという。

 逮捕された男は47歳で、北朝鮮のパスポートを所持し、これまでマレーシアに複数回、出入国を繰り返していたという。現地メディアはこの男が北朝鮮の工作員なのかどうかを警察が調べていると伝えている。

 一方、すでに逮捕されたフォン容疑者が犯行時の様子について、「男からもらった粘り気のある乳液のようなものを手袋をつけた手にのせ、後ろから近づいて顔にかけた。その後、女子トイレに走って、手袋を外して両手を洗った」と話しているという。現地メディアが伝えたもので、フォン容疑者は「いたずらをしただけで、その液体が劇毒物とは一切知らなかった」と述べ、意図的な殺害への関与は否定しているという。