日テレNEWS
国際
2017年2月22日 2:32

来年3月露大統領選へ プーチン氏再出馬か

 ロシアのプーチン大統領の任期満了に伴う大統領選挙が来年3月11日に行われる見通しになった。地元メディアは、プーチン大統領が再出馬するとの見方を伝えている。

 複数のロシアメディアは21日、大統領府筋の話として、来年3月11日に大統領選挙が行われると一斉に報じた。プーチン大統領は、出馬の判断を明らかにしていないが、地元メディアは「出馬と当選は自明の理」だと伝えている。

 大統領の任期は連続2期12年までで、プーチン大統領が当選すれば、2024年まで大統領を務めることになり、首相時代を含めて、2000年から四半世紀に渡って国のトップに君臨することになる。

 こうした中、大統領府筋は、来年の選挙では、「過去の選挙よりも高い投票率と得票率で当選することが重要」だと指摘したという。選挙に圧勝することで政権の正統性を高め、長期政権への批判をかわしたい狙いがあるとみられる。