日テレNEWS
国際
2017年3月11日 6:03

米2月雇用統計 就業者数予想大きく上回る

 アメリカの2月の雇用統計が10日に発表され、就業者数は市場の予想を大きく上回った。雇用の改善を受け、FRB(=連邦準備制度理事会)が来週、利上げを行うことが確実視されている。

 アメリカの2月の雇用統計で、景気の動向を反映する農業部門以外の就業者数は前の月より23万5000人増加した。また、失業率は4.7%と前の月より0.1ポイント改善するなど、トランプ政権発足以降2か月連続で好調な雇用情勢となった。

 これを受け、ニューヨーク株式市場ダウ平均株価は値を上げ2万900ドル前後で取引されている。市場関係者は「FRBが来週の会合で利上げに踏み切ることは確実視されている」と話している。