日テレNEWS
国際
2017年3月13日 1:55

市民が抗議でオランダ総領事館乱入 トルコ

 オランダ政府がトルコの閣僚の入国を拒否した問題で、トルコでは抗議する市民がオランダ総領事館に乱入するなど、混乱が広がっている。

 この問題は、トルコの外相が来月行われる憲法改正についての国民投票を前に、オランダ在住の有権者らに賛成を呼びかける集会を開こうとしたところ、オランダ政府がトルコの閣僚の活動は好ましくないなどとして外相の航空機の着陸を認めず、入国を拒否したもの。これを受け、トルコ政府は別の閣僚を陸路で派遣しようとしたが、オランダ政府はこれも阻止した。

 トルコでは反発が広がっていて、地元メディアによると、12日には最大都市・イスタンブールにあるオランダ総領事館に、抗議する市民が乱入。一時、オランダ国旗を引きずり下ろしてトルコ国旗を掲揚したという。また、ユルドゥルム首相が12日、「最も厳しい方法でオランダに報復する」と述べるなど、両国の対立が深まっている。

 他のヨーロッパの国でもトルコの国民投票に関連する集会の開催を拒否するケースが相次いでいて、トルコとヨーロッパ各国の関係悪化が懸念されている。