日テレNEWS
国際
2017年4月16日 12:25

ミサイル発射失敗か…平壌は「普段の朝」

 アメリカとの緊張が高まる中、北朝鮮が16日朝、弾道ミサイルを発射し、失敗したとみられている。ミサイル発射時の北朝鮮・平壌の様子を小林弘和記者が伝える。

 ミサイル発射の情報を受け、16日朝、ホテルのロビーなどを見て回ったが、特に変わった様子はなく、こちらのメディアでも報じられていない。ホテルから市内を見たが、人々は普段と変わらない様子で、15日の軍事パレードのにぎわいとは異なり、平壌は静かな朝を迎えている。

 私たち外国メディアの取材ツアーも故・金日成主席の名前をつけた花の展示会など予定通りの日程が続いている。16日にツアーに出発するときにも当局者はいつもと変わらず特に緊迫したような様子は見られなかった。

 今回の発射は、アメリカが北朝鮮への圧力を強める中、核・ミサイル開発をやめる意志がないことを改めて示したと言える。