日テレNEWS
国際
2017年4月20日 6:35

トヨタ 水素大型トラックの実証実験へ

 トヨタ自動車は19日、水素で電気を起こす燃料電池を搭載した大型トラックを公開し、実証実験を今年の夏からアメリカ・ロサンゼルスで行うと発表した。

 トヨタが公開した燃料電池トラックは、1回の水素の補充で約320キロ走行が可能で、今年の夏からカリフォルニア州の環境当局と協力してロサンゼルス港で実証実験を行うとしている。

 トヨタは燃料電池を搭載した乗用車をすでに販売しているが、この技術を大型トラックにもいかして貨物輸送の分野でも二酸化炭素の排出量削減につなげたいとしている。燃料電池自動車は、日産やホンダなども開発を進めていて競争が激しくなっている。