日テレNEWS
国際
2017年4月21日 13:02

中継 パリ銃撃 仏大統領選の結果に影響も

 フランス・パリ中心部、シャンゼリゼ通りで20日、男が警察官に銃撃し殺害する事件があった。過激派組織「イスラム国」系の通信社が事実上の犯行声明を出した。パリから小島康裕記者が伝える。

 この事件は日本時間21日午前4時ごろ、現地時間で20日午後9時ごろ、シャンゼリゼ通りの凱旋門のすぐ手前で発生、車で乗りつけた男が警察車両を銃撃した。

 事件で警察官1人が死亡、ほかの警察官2人がケガをし、犯人も警察に射殺された。在フランス日本大使館によると、日本人が巻き込まれたという情報はないという。

 フランス・オランド大統領「捜査により、テロリストによる行為であると確信している」

 現在、検察のテロ対策チームが捜査していて、当局は犯人について「身元は確認できている」と述べるにとどめたが、地元メディアは39歳の男で警察官を襲った殺人未遂の前科があり、過激派の影響を受けていたと伝えている。

 また「イスラム国」系の通信社は男がベルギー人の「アブ・ユスフ」という名前の戦闘員による犯行だと伝えた。事実上の犯行声明といえる。

 フランスは23日に大統領選挙の第1回投票を迎えるが、2015年に起きたパリ同時テロなどを受けて治安が大きな争点。その中で起きた今回の事件が有権者の投票行動に影響を与える可能性もある。