日テレNEWS
国際
2017年4月29日 10:25

北ミサイル 飛行は数分間、高度約70キロ

 北朝鮮が29日朝、弾道ミサイルを1発発射し、失敗したとみられ、飛行時間は数分間、高度は70キロあまりだったという。

 韓国軍とアメリカ軍によると、北朝鮮は29日午前5時半頃、平安南道の北倉付近から北東方向へミサイルを発射し、失敗したと推定されるという。発射されたのは内陸で、飛行時間は数分間。弾道ミサイルは北朝鮮の領土・領海を越えることはなかったという。ミサイルの到達した高度は71キロメートルだったという。

 北朝鮮は今月5日と16日などにも弾道ミサイル発射に失敗していて、これで4回連続の発射に失敗したものとみられる。現在、ミサイルの種類などの分析が行われているが、アメリカメディアはアメリカの軍当局者の話として、発射されたのは中距離弾道ミサイル「KN-17」だったと伝えている。