日テレNEWS
国際
2017年5月15日 5:59

イエメンでコレラが流行 116人が死亡

 赤十字国際委員会は14日、内戦が続く中東のイエメンで感染症のコレラが流行し、先月下旬以降だけで116人が死亡したと発表した。また、感染が疑われる人の数も8500人以上にのぼるという。

 イエメンでは内戦の影響で、多くの医療施設が機能しておらず、赤十字国際委員会は「イエメンの人道状況は壊滅的だ」と訴えている。