日テレNEWS
国際
2017年5月26日 15:34

エリザベス女王が見舞いに…英・自爆テロ

 イギリスのコンサート会場での自爆テロ事件で、地元メディアは25日、容疑者の自宅から爆弾製造に使われたとみられる大量の化学薬品が押収されたと伝えた。

 英・テレグラフ紙によると、アベディ容疑者の自宅には爆弾製造のための大きな作業部屋があり、大量の化学薬品が見つかったという。化学薬品は、複数の爆弾を作れるだけの量があったという。

 一方、警察は26日、事件に関連して新たに男1人を拘束し、現在拘束されている人数は8人となった。

 こうした中、エリザベス女王は25日、マンチェスターを訪れケガ人を見舞った。女王が女の子に、テロの直前まで行われていたコンサートについて尋ねる場面もあった。

 女王「コンサートは楽しかった?」

 女の子「ええ。とっても」

 この病院では今も19人が治療を受けていて、そのうち5人が重傷だという。