日テレNEWS
国際
2017年6月8日 8:42

韓国軍「飛距離は約200キロ」北ミサイル

 北朝鮮が8日朝、複数のミサイルを発射した。

 韓国軍によると、北朝鮮は8日朝、東部の元山付近から日本海に向けて複数のミサイルを発射した。

 防衛省幹部によると、「弾道ミサイルではなく、現在までに日本の安全に対する影響はない」という。

 北朝鮮は先月、3種類の新型弾道ミサイルの発射実験を相次いで強行し、ミサイル開発を加速させる姿勢を鮮明にしていた。これに対し、今月2日に採択された国連の安全保障理事会の新たな制裁決議では、弾道ミサイルの運用を担う戦略軍が制裁対象に加えられていて、北朝鮮としては今回の発射で、アメリカをはじめとした国際社会の圧力に屈しない姿勢を改めて示す狙いもあるものとみられる。

 また、韓国軍は、発射されたのは短距離地対艦巡航ミサイル数発と推定され、飛距離は約200キロだと明らかにした。