日テレNEWS
国際
2017年6月14日 14:27

英高層マンション火災 建物崩壊の危険性も

 イギリス・ロンドンのタワーマンションで大規模な火災が発生し、現在も消火活動が行われていて、住民が取り残されている可能性もあるという。現場から若林大介記者が伝える。

 火事が起きているのは、ロンドン西部の住宅街にある27階建てのタワーマンション。イギリスBBCによると、マンションには人が取り残されている可能性もあり、タワーの屋上で懐中電灯を振っているような光も見えるとの目撃情報も伝えられている。

 地元住民「『助けて』という叫び声が聞こえた。携帯のライトで居場所を知らせる人もいた」「車を運転していたんだけど、すごく遠くからでも見えた」

 火災との因果関係はわかっていないが、イギリスメディアによるとこのマンションでは最近まで改装工事が行われ、戸数を増やしたという。建物が崩壊する危険性も指摘されていて、現在も消防による懸命な消火活動が続けられている。