日テレNEWS
国際
2022年2月19日 2:52

「ミュンヘン安全保障会議」開幕 例年参加のロシアが異例の欠席

安全保障の課題について議論するミュンヘン安全保障会議が18日、ドイツで始まりましたが、例年参加してきたロシアが欠席する異例の事態となりました。

ドイツ・ベーアボック外相「ヨーロッパの真ん中で戦争が起きる危機に直面している」

ベーアボック外相は開幕後の声明でこのように述べ、ウクライナとの国境近くに軍を展開するロシアの動きは、ヨーロッパ全体の平和を脅かすものだと批判しました。

19日にはウクライナのゼレンスキー大統領も参加し、今回の問題について議論が行われますが、ロシアは99年以降では初めて、ミュンヘン安全保障会議を欠席しました。

ロシア外務省は欠席の理由について、「安全保障会議が客観性を失っているため」としていますが、参加すれば厳しい批判にさらされると判断したものとみられます。