日テレNEWS
国際
2017年7月23日 7:12

パレスチナ自治区でイスラエル人3人殺害

 中東・パレスチナ自治区にあるユダヤ人入植地で21日、パレスチナ人の男がイスラエル人3人を殺害した。双方の緊張が高まる中、国際社会も動き出している。

 イスラエルメディアによると、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区で21日夜、パレスチナ人の男がイスラエル人の家を襲撃し、3人が死亡、1人が重傷となっている。男は犯行直前、フェイスブック上で、イスラム教・ユダヤ教の聖地の入り口にイスラエルが金属探知機を設置したことを「神聖さを汚す」などと批判していて、犯行の引き金になったとみられている。

 金属探知機の設置にパレスチナ人らは強く反発し、エルサレムなどではイスラエルの治安部隊と衝突して、3人が死亡している。

 こうした事態を受けて国連の安全保障理事会は、フランスなどの要請で24日にも緊急会合を開催する予定。