日テレNEWS
国際
2017年7月29日 2:22

北のミサイル、ICBMか~米メディア

 28日午後11時42分ごろ、北朝鮮中部より弾道ミサイルが発射された。今回、北朝鮮が発射したミサイルについて、アメリカ国防総省の当局者は、ICBM(=大陸間弾道ミサイル)だとみているとアメリカメディアが伝えている。

 アメリカ・NBCテレビによると、国防総省の当局者は、北朝鮮が発射したミサイルについてICBM(=大陸間弾道ミサイル)だとみているという。

 アメリカ国務省の関係者は日本テレビの取材に対し、「ここ最近の情勢を見ると、北朝鮮からの挑発行為がないほうが驚きだ」と話した。弾道ミサイルの発射が27日にもあると想定して準備を進めていたため想定の範囲内との考えを示していて、引き続き情報収集を急いでいるという。

 一方、韓国軍によると、北朝鮮のミサイルが発射されたのは28日午後11時41分ごろで、中部の慈江道(チャガンドウ)ムピョンリ付近から日本海へミサイル1発を発射したという。情報はただちに文在寅大統領に報告された。また韓国政府は国家安全保障会議を開き、対応を協議しているとみられる。