日テレNEWS
国際
2017年8月7日 14:56

米韓首脳が電話会談“北制裁”必要性を確認

米韓首脳が電話会談“北制裁”必要性を確認
(c)NNN

 アメリカのトランプ大統領は6日、韓国の文在寅大統領と電話で会談し、国連安保理が採択した北朝鮮への新たな制裁決議について完全に履行するよう国際社会にも働きかけていく必要性を確認した。

 会談で両首脳は、北朝鮮が28日にICBM(=大陸間弾道ミサイル)を発射したことについて話し合い、「米韓、日本、そして世界中の多くの国々に、重大かつ直接的な脅威を与えている」との認識で一致した。

 さらに、国連安保理が石炭や鉄などの輸出を全面的に禁止することを柱とする新たな制裁決議を全会一致で採択したことについて両首脳は「歓迎する」とした上で、決議を完全に履行し、国際社会にも働きかけていくことを確認した。