日テレNEWS
国際
2017年9月6日 21:19

北朝鮮、ロシアに労働者受け入れ継続求める

 北朝鮮の核・ミサイル開発を受けて、国連の安全保障理事会が北朝鮮労働者の受け入れを規制するなど制裁を強めるなか、北朝鮮がロシアに対し、労働者の受け入れを続けるよう求めていたことがわかった。

 ロシア極東のウラジオストクでは6日、ロシアが主催する「東方経済フォーラム」が開幕し、北朝鮮は金英才対外経済相を団長とする代表団を派遣した。

 ロシア政府関係者によると、北朝鮮はロシア極東発展省の高官らと協議を行い、北朝鮮の労働者が引き続きロシアで働くことができるよう、配慮を求めたという。

 北朝鮮の労働者をめぐっては、先月、国連安保理が採択した制裁決議で、海外で働くことが制限されたが、ロシアはこれまで、極東地域を中心に安価な労働力として受け入れていて、北朝鮮にとっては、貴重な外貨獲得の手段になっている。