日テレNEWS
国際
2017年9月13日 10:55

日米韓で首脳会談調整“緊密連携”アピール

 日本、アメリカ、韓国の首脳が今月21日、アメリカ・ニューヨークで首脳会談を行うことで調整していることがわかった。

 安倍首相は今月下旬からニューヨークで開かれる国連総会に出席するが、この機会を利用し、21日にアメリカ・トランプ大統領と韓国・文在寅大統領との日米韓3か国の首脳会談を行うことで調整しているという。また、同じ日に日米首脳会談も行う方向で調整している。緊迫する北朝鮮への対応を協議し、日米韓の3か国が緊密に連携して取り組む姿勢をアピールする狙い。

 また、安倍首相側はトランプ大統領から17日に自身が所有するゴルフ場で一緒にプレーすることを打診されたものの断っていたこともわかった。北朝鮮のミサイル発射への警戒態勢が続く中、世論の批判を避けるためとみられる。

 一方、政府関係者によると、トランプ大統領が11月上旬に初来日する方向で調整している。11月にベトナムで開かれるAPEC(=アジア太平洋経済協力会議)の首脳会合に合わせたもの。