日テレNEWS
国際
2017年9月24日 2:06

きょうドイツ総選挙 与党が第一党維持か

 ドイツで24日、総選挙の投票が行われる。4選を目指すメルケル首相の与党が第一党を維持する見通しだが、反難民を掲げる右派政党の国政初進出も注目されている。

 最新の世論調査では、メルケル首相が率いる与党CDU・CSU(=キリスト教民主・社会同盟)が、他の党を大きく引き離しており、3期12年の長期政権を築いているメルケル首相が4選を果たす可能性が高まっている。

 今回の選挙では、2015年以降急増したシリア難民などへの対応が主な争点の1つとなっているが、反難民などを掲げる新興の右派政党AfD(=ドイツのための選択肢)が、国政で議席を獲得するかも注目されている。

 投票は日本時間の24日午後に始まり、25日朝には、大勢が判明する見通し。