日テレNEWS
国際
2017年10月17日 12:23

宇宙の謎は?中性子星合体「重力波」初観測

宇宙の謎は?中性子星合体「重力波」初観測
(c)NNN

 今年のノーベル物理学賞に選ばれたアメリカの重力波観測施設「LIGO」などの研究チームが、中性子星という非常に重い天体同士が合体した際に生じる時空のゆがみ、「重力波」を初めて観測したと発表した。

 LIGO・ライツェ所長「何千人もの天文学者と多くの観測所と協力し、発見できた」

 研究チームは今年8月、アメリカとヨーロッパの観測施設で、非常に重く高密度な天体である中性子星同士の合体で生じた「重力波」の観測に成功した。

 これまで、光を発しないブラックホールによる重力波が4回観測されているが、光を出す中性子星の合体による重力波が捉えられたのは初めて。

 これを受けて、日本の国立天文台などが重力波がやってきた方角を望遠鏡で観測したところ、中性子星の合体で生じた光や電磁波を捉えることに成功した。

 こうした観測データなどを分析することで、金やプラチナなどの鉄より重い金属元素が宇宙でどのように生まれたかなどがわかるとみられている。

 今後、重力波と電磁波を組み合わせて観測を行うことで、宇宙の謎の解明が加速すると期待されている。