日テレNEWS
国際
2017年10月19日 19:43

中国GDP+6.8% 1年半ぶり成長減速

 中国の今年7月から9月期のGDP(=国内総生産)は前の四半期に比べ0.1ポイント下落し、1年半ぶりの成長減速となった。

 中国国家統計局によると、7月から9月期のGDP(=国内総生産)は、去年の同じ時期に比べて6.8%のプラスで、前の四半期から0.1ポイント下落した。政府が今年の成長率目標とする6.5%前後はクリアしたが、1年半ぶりに前の期よりも低くなり、成長が減速した形。

 不動産バブル対策として投資を抑制していることなどが背景にあるとみられる。一方、国内消費は好調で、インターネット販売が堅調な伸びを示している。

 習近平主席は、18日の党大会開幕日の演説で「経済成長は世界の主要国で上位の伸びをみせている」と強調。統計局の報道官も19日の会見で、「中国経済は安定的に成長している」としている。