日テレNEWS
国際
2018年1月11日 15:45

米・カリフォルニア土砂崩れ 死者17人に

アメリカ・カリフォルニア州で9日に起きた大雨による土砂崩れの被害は拡大し、これまでに17人が死亡している。

ロサンゼルス郊外のサンタバーバラなど数か所で起きた土砂崩れで、大きな岩と大量の土砂により多くの民家が倒壊したり押し流されたりした。

ロイター通信によるとこれまでに17人が死亡、さらに17人が行方不明になっている。また、土砂が道路をふさぎ、避難できなくなった住民の救助も難航している。

この一帯は12月に続いた大規模な山火事で森林が焼失し、地盤がもろくなっていたため消防当局は大雨を前に警戒を呼びかけていた。