日テレNEWS
国際
2018年1月25日 1:37

武装集団、子供支援のNGO襲撃 アフガン

アフガニスタン東部のジャララバードで24日、武装集団が国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」の事務所を襲撃し、少なくとも5人が死亡、24人がケガをした。

襲撃されたのは、ジャララバードにある子供の支援活動をする国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」の事務所。現地当局によると、事務所の前で爆発物を積んだ車が自爆したあと、武装した3人が建物内に押し入ったという。

その後、駆けつけた治安部隊との間で銃撃戦となり、ロイター通信によると、少なくとも5人が死亡、24人がケガをした。

この襲撃について、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。

ジャララバードでは、反政府勢力「タリバン」や「イスラム国」によるテロが相次いでいて、治安悪化が深刻化している。