日テレNEWS
国際
2018年2月3日 18:39

平昌五輪 民間レベルで南北融和目指す動き

平昌オリンピックを前に北朝鮮の選手らが韓国入りする中、韓国では民間レベルで南北の融和を進めようという動きも出てきている。

平昌に近い原州市で結成されたのは、北朝鮮と韓国の選手を応援するための民間の応援団で、南北の和解や融和を目指す韓国の民間団体が呼びかけ、学生ら約760人が参加した。

参加した男子高校生「(アイスホッケーの)南北合同チームには色んな意見もあるけど、世界平和のための五輪なので、うまく開催されてほしい」

韓国では北朝鮮の参加を巡り、配慮しすぎだという批判的な意見もある一方、かつて北朝鮮に住んでいた人々やその子どもたちからは、北朝鮮選手を応援しようという声も高まっている。

親族が北朝鮮にいる人「南北が一緒に参加するのが一番うれしい。五輪が成功してほしいです」

元北朝鮮住民の家族「北朝鮮の選手はベストを尽くして五輪の主人公になってほしい。ファイト!」

オリンピックを通じて平和を願う人々の声援にも注目が集まる。