日テレNEWS
国際
2018年2月18日 14:54

地元高校生らが銃規制求めデモ 米銃乱射

17人が死亡したアメリカ・フロリダ州の高校での銃撃事件を受け、17日、地元の高校生などが集まり、銃規制を求めるデモを行った。

フロリダ州南部の高校で14日、元生徒が銃を乱射した事件では17人が死亡し、NBCによると、使用されたとみられる銃は容疑者の元生徒が地元の銃の販売店で合法的に購入したとみられている。

事件を受けて、17日、銃撃に遭った高校や近隣の高校に通う生徒などが連邦裁判所前に集まり、銃規制の強化を求めてデモを行った。

高校に通う生徒「もし政府や大統領が、見舞いの言葉を贈り祈ることしかできないなら、犠牲者が変化を起こす時だ」

一方、トランプ大統領は16日、事件の負傷者らが入院する病院を訪問し、「このような事件が起きるとは悲しいことだ」と述べたが、銃規制に関する記者の問いかけには答えなかった。

トランプ大統領は銃規制には一貫して否定的で、乱射事件が起きるたびに銃規制に関する発言を拒み続けている。