日テレNEWS
国際
2018年3月21日 19:52

キタシロサイ“絶滅”地球最後のオス安楽死

地球上で最後の雄の「キタシロサイ」が死んだ。

ケニア中部で保護されていた、地球上で、最後の雄のキタシロサイ「スーダン」。地面に伏せ、うつろな目をしている。保護区によると、高齢による合併症を患っていて、19日、45歳で獣医チームの手により安楽死となった。

キタシロサイは、1970年代から短剣の柄などに使う目的で、角を目当てにした乱獲が続き、絶滅の危機にひんしていた。

保護区にはメス2頭が生息しているが、ロイター通信は、雄がいなくなったことで事実上の絶滅とみられるとしている。