日テレNEWS
国際
2018年3月28日 12:26

米政権「中国から金氏訪中の説明受けた」

アメリカのトランプ政権は声明を発表し、中国政府から北朝鮮・金正恩委員長の訪中について説明があったことを明らかにした。

ホワイトハウスの報道官は声明で、中国政府からアメリカに対し、27日午前の早いうちに説明があったことを明らかにした。この中には「習主席からトランプ大統領への個人的なメッセージも含まれていた」という。

また、声明では「アメリカは同盟国である韓国・日本と緊密な連携を続けている」と強調。「北朝鮮に対する最大限の圧力をかける取り組みが対話のための適切な雰囲気を作り出している」として、圧力を継続する重要性を訴えている。

また、アメリカ国務省も「中国が北朝鮮の非核化に向け、独自の影響力を行使することを期待している」とする声明を発表した。そして「我々の目指すものは完全で検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化だ」としてトランプ政権の政策に変更がないことを強調している。