日テレNEWS
国際
2018年3月29日 11:06

杉山駐米大使が着任「拉致問題働きかける」

新しい駐米大使として着任した杉山晋輔大使が28日、ワシントンで初めての会見を開き、アメリカ側に北朝鮮の非核化と同時に拉致問題の解決に向けた協力を強く働きかける考えを強調した。

杉山新大使は28日、トランプ大統領に対し、信任状を手渡し、正式に大使に着任した。その後、大使公邸で会見を開き、5月末にも米朝首脳会談が行われる見通しとなる中、北朝鮮の非核化と同時に拉致問題の解決に向けた協力をアメリカ側に強く働きかける考えを強調した。

杉山新駐米大使「『この(拉致)問題を忘れてはいけない』と日本が言わないといけない」

一方、23日に発動されたアメリカの鉄鋼などの輸入制限については「極めて遺憾」だと述べるにとどめた。