日テレNEWS
国際
2018年4月5日 19:24

暗殺から50年 キング牧師の追悼式典

マーチン・ルーサー・キング牧師の暗殺から50年、追悼式典が開かれた。

人種差別撤廃を訴え、公民権運動を主導したキング牧師は、1968年4月4日、南部・テネシー州メンフィスで暗殺された。

事件から50年となる4日、現地では追悼式典が開かれ、参加者はキング牧師の有名な演説、「アイ・ハブ・ア・ドリーム」になぞらえて追悼の言葉を贈った。

参加者「キング牧師はドリーマーで、彼には夢があった。しかし彼は単なるドリーマーではなく、究極の犠牲を払ったのだ」

追悼式典は全米各地で行われたが、メンフィスにはキング牧師と共に行動し、暗殺現場にも居合わせたジェシー・ジャクソン師も参加した。